トップ

image image image image image
 

酒蔵の見学・ご案内

日本酒に纏わるお話や製造工程のご説明等、見学担当によるご案内


四季醸造ならではの、香り漂う酒蔵の製造工程や設備のご説明、日本酒に纏わる様々なお話など、亀田酒造株式会社酒蔵のご案内をさせて頂きます。

見学開催期間 イベント開催や定休日以外、通年開催予定です。
見学開催時間 ①午前11:00(定員40名) ②15:00(定員40名)
見学休業日 年末年始・12月20日~1月7日まで
予約制 ご予約は人数によって受付期日が異なります。詳細はお問い合わせ下さい。
一般のお客様用
ご予約・お問い合わせ先
ご予約 FAX番号 04-7097-1117
ご予約 メールアドレス kameda@jumangame.com
バス・団体様用
ご予約・お問い合わせ先
ご予約 電話番号 04-7097-1116(10時~16時まで)
見学開催時間等について
※(バス・団体様向け)
①・②は基本設定時間です。対応可能であれば上記以外でも開催を致しますが、その場合は早期のご予約、滞在時間の設定等、いくつかのご条件が必要となります。詳しくはお問い合わせ下さい。
見学以外の施設のご案内
見学時間外でも滞在時間をお楽しみ頂ける様々なご用意をしております。詳しくは「施設のご案内」ページでもご確認頂けます。
◆2号売店前にて、通年、大吟醸甘酒を無料で振る舞っております。(夏は「冷」で喉を潤し、冬は「温」で体を温めて頂けます。)
◆寿萬亀ギャラリー(3号売店)では写真家ローレンス・ハッフ氏の作品を20枚以上展示、入場無料にて作品見学をお楽しみ頂けます。また店内では酒器類の販売をしております。
◆売店内では「日本酒試飲(利き酒)コーナー」や「おみやげ品(お菓子・お漬物等)試食コーナー」等、お買い物の際に気軽にお楽しみ頂けるスペースがございます。
◆駐車場まわりには休憩所、喫煙所、トイレをご用意してございますので、ご来店のお客様には広くゆっくりとお寛ぎ頂けます。
※予約に関してのご注意 ※バス・団体様見学実施時にはお電話対応が出来ない場合がございますので、一般のご予約は基本的にメールまたはFAXにて承っております。予めご了承下さいませ。

酒蔵見学の様子

酒蔵見学ご案内通路

売店向かって左側通路より係員がご案内致します。

見学コース入り口

こちらが酒蔵見学コース入り口です。杉玉が目印です。

醸造工程ご案内看板

標準的な醸造工程を看板でご案内しています。

藪田式圧搾機

蛇腹状のフィルター(ろ板)で「もろみ」をろ過し、清酒と酒粕に濾し分ける圧縮機です。

麹室(こうじむろ)

麹造り専用の部屋です。温度、湿度を一定に保ち、微調節できる機能を持っています。

麹室作業風景

切り返し・盛り・仕舞仕事等、多数の工程があり、運がよければ作業風景を見学できます。

酛室入り口

酵母を育て、文字通り酒造りのもととなる「酛 ※もと」(酒母)を造る酛室です。

大吟醸専用圧搾機

山田錦35%仕込、愛山(米の品種)等、高級品のみを圧搾するオールステンレス製の槽です。

大吟醸専用冷房蔵

大吟醸はこちらの専用冷房蔵の中で小さなタンクで仕込みます。丁寧にじっくりと熟成させます。

大吟醸専用仕込みタンク

弊社は冷房蔵が2棟完備されており、こちらは小仕込(総米700kg程度)の山田錦、愛山の35%高精白の仕込が行われています。

槽(ふね)※圧搾機・展示品

佐瀬式(推定150年前製造)現在は未使用。約40年前まで使用しておりましたが、現在は展示品として公開しております。

貯蔵タンク

タンクに巻かれている断熱材の中は第一工業の水冷式ジャケットが巻かれており、真夏でも貯蔵酒の温度は8℃で保たれています。

オールステンレス蒸米放冷機

オールステンレスの為、鉄分(Fe)混入による変色のリスクが無く、高品質の酒造りが更に向上致しました。

四季醸造の為の冷房蔵

一年を通して日本酒を醸造する事ができる、「四季醸造」が可能な蔵元です。千葉県では唯一、当社だけです。

醸始祭会場 ※要問い合わせ

明治神宮に納める白酒造り始めに行う醸始祭の会場です。 ※見学をご希望の方は事前にお問い合わせ下さい。